ウォーターサーバーは本体購入もレンタルも楽水がお得

ウォーターサーバーの本体購入を検討中の方は、価格の安い楽水がおすすめ。楽水ウォーターサーバー本体購入とレンタルの比較では、それぞれ支払い総額も算出。他社のウォーターサーバーとの比較でも本体購入、レンタル共に圧倒的に安い理由とは。

ウォーターサーバーの本体購入を検討中の方は、価格の安い楽水がおすすめ。楽水ウォーターサーバー本体購入とレンタルの比較では、それぞれ支払い総額も算出。他社のウォーターサーバーとの比較でも本体購入、レンタル共に圧倒的に安い理由とは。

ウォーターサーバー本体購入は楽水で決まり

ウォーターサーバーの設置を決めても、商品が多いために、いろいろ悩ましい事が多いと思います。しかも比較が大変ですよね。

・毎月のコスト
・水の種類
・機能
・レンタルか購入か
・購入する場合の価格
・特典

一般的にウォーターサーバーの購入となると、本体のみが購入対象となります。天然水は定期購入ですから、その分の費用は毎月発生し続けます。他社の天然水と互換性もありませんので、購入にはあまりメリットを感じません。

しかし、水道水を利用する水道直結型のウォーターサーバーなら本体のみの購入で済む話です。ほんの少しの水道料金の負担は発生しますが、天然水よりはかなり安いです。

しかも水道直結型ウォーターサーバーには、強力な浄水機能が内蔵されているので衛生面の心配もありません。

水道直結型ウォーターサーバーの中でも、楽水ウォーターサーバーは、期間限定ですが通常価格より25%安い本体販売価格で売り出しているので、今が購入チャンスです。

楽水ウォーターサーバーを公式サイトで見てみる

楽水ウォーターサーバーの本体購入メリット

楽水ウォーターサーバーの名前を初めて聞く人は、果たして水道直結型ウォーターサーバーを購入するメリットなど、疑問を持たれていると思います。

水道直結型の楽水ウォーターサーバーなら、

・12リットルのボトルを持ち上げて交換する必要なし
・空ボトルの返送やゴミとして処分する手間が不要
・2個1組で配達されるボトル保管スペースが要らない
・配送業者の対応もしなくてもいい
・定期配送にありがちな最低発注の義務なし
・追加注文や配達日調整など煩わしい手続きも不要
・ボトルが不要なのでデザインがスマート

中でも一番のメリットは、購入した時点で本体は自分のものとなります。

水道料金が不安かもしれませんが、自治体によって水道料金は異なるものの心配するほどの負担はありません。

例えば、とある地方の政令指定都市の水道料金の場合、

家事用第1段メーター口径25mm以下のとき1m3から20m3時の単価17円/m3

と規定されていて、つまり1000リットル使っても17円の負担でしかありません。これだけの量を、ウォーターサーバーで消費することは現実的にありませんが、毎日、コーヒー2.3杯あるいは料理に使ったとしても、わずかな負担で済みます。

大人数でも気にせず使えることが、楽水ウォーターサーバーの強みです。

ウォーターサーバー本体購入とレンタルの料金比較

本当に、楽水ウォーターサーバーは本体購入がお得なのか、レンタルの方が安いのではないか、そういう疑問もあるかもしれません。そこで本体購入とレンタルを比較してみました。比較方法としては、まず、楽水ウォーターサーバーはレンタルにも対応していますので、楽水ウォーターサーバー本体購入の場合とレンタルの場合で比較します。その後に、他社との比較をします。

まずは、楽水ウォーターサーバー本体購入とレンタルの料金比較です。結論を言えば、6年以上使用する見込みがあるのなら、本体購入がお得になります。

 

レンタル契約は3年縛りですので、まずレンタル契約したのちに、更新の時点で本体購入(買取)という判断をすることもアリです。更新時に本体購入(買取)する場合は、過去3年間レンタルで支払われた総額を、販売価格から差し引いた残債に対して請求されることになっていますので、損することはありません。(2017.8月末時点での情報)

買取する場合は、見積もりを依頼する事をおすすめします。 ⇒ 買取の見積もり問い合わせはコチラ

続いて他社ウォーターサーバーとレンタル比較の料金データです。比較条件は、人数別になっています。

レンタルでも本体購入でも、使用する人数や使用量が増えても、楽水ウォーターサーバーが際立って安いです。

設置事例に見る本体購入とレンタルの判断

楽水ウォーターサーバーの設置事例から、本体購入とレンタルの判断の参考になればと思います。

・オフィス
・公立学校職員室
・飲食店(店舗)
・銭湯やスポーツジム
・古い機種と交換をきっかけに購入
・リフォームがきっかけで購入

など、本体購入とレンタルの内訳は不明ですが、例えば公立学校の職員室はレンタルです。先生方が割り勘で負担しているということでした。

割り勘レンタルなら、20名としても1人あたり毎月200円弱の負担で飲み放題使い放題ですから、かなりお得ではあります。ボトルの入れ替えなど雑用もないので、即決だったようです。

天然水の定期配送ウォーターサーバーで割り勘レンタルすると、お互いが遠慮し合って、気を使って飲み辛くなったり、発注やボトル交換など持ち回りで担当しなければならないので敬遠されます。

本体購入の事例としては、リフォームをきっかけに、ウォーターサーバーも一緒に取付したいという依頼主からの要望で、リフォーム業者が調達するケースもありました。工事関係者からの本体購入についての問い合わせは増加中とのこと。

一般のご家庭では、他社の水道直結型ウォーターサーバーを使っていたがメーカーが倒産。新たに楽水ウォーターサーバーを見つけて設置。間違いなく6年以上は使うので本体購入という流れです。

ウォーターサーバーも家電として見るなら、本体購入は特別高価な買い物ではありませんね。

今ならインターネット申し込み限定特典として、販売価格が25%オフと本体購入チャンスです。限定特典の期間が決まっているので、公式サイトで確認しておいてください。

水道直結型 楽水ウォーターサーバー 公式サイト

楽水ウォーターサーバー本体の浄水機能が健康に役立つ

築年数の古い集合住宅に入居しているなら、水道直結型の楽水ウォーターサーバーを、前向きに購入またはレンタルの検討をして欲しいです。

分譲マンションには、各住戸に向けて給水するための貯水槽システムがあり、その受水槽が屋上に置かれています。受水槽の有効容量が10立方メートルを超えると、水道法上「簡易専用水道」として扱われ、

・維持管理に関する検査(水道法第34条の2第2項に規定するもの:法定検査)を1年に1回受ける
・貯水槽の清掃を1年に1回定期的に行う

など管理については義務付けされます。しかし、受水槽が「簡易専用水道」の扱いにならない小さなものだと、管理がずさんになってる可能性も否定できません。もしも、何もメンテナンスなどをしていないのなら、受水槽内部は見るに堪えない状況となっていることでしょう。そんな水で料理や飲み物を作っていると想像すると寒気がします。

メンテナンスをしていても経年劣化は避けられないので、水質の安定のために、楽水ウォーターサーバーの浄水機能を活かすことで安心できます。3本のカートリッジで濾過することで、

・トリハロメタン
・残留塩素
・ゴミや砂
・赤さび
・微細な雑菌

などを除去しますので、もし、お住まいがマンションなら受水槽の手入れについて、調べてみてください。不安がある場合は、楽水ウォーターサーバーの設置をおすすめします。


ウォーターサーバーは本体購入もレンタルも楽水がお得 © 2017